本サイトを快適にご覧いただくためには、「文字サイズ 小」 にてご覧いただくことをご推奨いたします








アメリカのSC及び流通業態研究視察のご紹介



1.アメリカは流通先進国ですが、模範国ではありません。
流通先進国とは、日本より先に流通の近代化が進み、多くの「流通事例が流通上の出来事のノウハウの歴史として残っていること」と「最先端流通現象が見られること」です。

2.日本はSCの成長期(1970〜2010年)が終焉し、SCの成熟時代(SCの業態が多様化、性格の異なるSCが続々と出現して互いに棲み分けをする時代)になりました。
今、日本の近未来の姿をアメリカの流通の中に見ることができます。

◆研究視察の講師 六車 秀之 (株)ダイナミックマーケティング社 代表
SC及び流通業のマーケットリサーチ、企画、コンサルティング歴40年。 ディベロッパーサイドからのSC開発・リニューアル業務を中心に手がけています。 SCは開発からの指導が多い中にあって、早くから長期繁栄のための運営のあり方を訴え続けております。 またSCの長期繁栄のための原理・原則を着々と確立し、理論とノウハウに基づく指導を掲げ、志を燃やしております。

◆研究視察の特徴

1.アメリカのショッピングセンターの業態の種類と、生き残りを賭けた過去から現在のプロセスを棲み分けの観点から研究・視察します(アメリカの現状を知ることにより、わが国の近未来の流通業の方向性が見えてきます)。

2.アメリカの商業業態のフルコースを研究・視察し、各業態の実態と特徴を学びます(SC及び業態を、今回視察中に40ヶ所以上見ることにより、業態を一挙にかつ体系づけて学ぶことできます)。

3.アメリカ流通事情に詳しいアメリカの流通関係者が講演及び視察する商業施設の解説をし、地についた研究視察にします(アメリカのディベロッパー会社などの勉強会も予定しています)。

4.各商業施設のポイントやアメリカの流通業の実態と課題の資料を作成し、また、バス中及びホテルで勉強会を行います(アメリカの流通・SC関連の資料集を作成し、できるだけ実になる研究視察にします)。

5.ダイナミック流アメリカ流通の過去及び現状の分析により、独自の解説・指導を行います(アメリカの現状から、わが国の近未来の流通業の中で勝ち残る手法を解説します)。現地セミナーを7回(成田でのセミナーを含む)予定しています。

研究視察の主旨やアメリカの流通を学ぶポイント・ノウハウ等、詳細はこちらからご覧頂けます。

第49回「アメリカのSC及び流通業態研究視察」

訪問都市:ロサンゼルス、ニューヨーク            
研修期間:2017年10月5日(木)〜10月13日(金)〔9日間〕

電話 または メールにてお問い合わせ下さい
06-6353-6666(代表)

お問い合わせフォームはこちら
概要はこちら(PDF)